1日1記事を目標に ブロガーが稼げる道を開拓する

どうもハリスです。

Twitterはこちら→@harrisshawk

絡みたい人は是非ブログから来ましたってリプくれたらめっちゃ絡みに行くからね。

フォロワー少ない今のうちがチャンスだよ!w

さて、1日1記事を目標にと書いたタイトルだが、自分への戒めでもあり、ブログ始めるならそれぐらいの意気込みで書いてほしいということ。

もちろんクオリティーが下がってしまっては無意味だけれど、私の雑記ブログは検索流入なんてほとんどない。

そう、ほとんどが自分で拡散した分と、インフルエンサーのおかげ。

やり始めて、思ったことを今日は話して行こうと思う。

スポンサーリンク

ブログ初期の頃からの変化

Twitterで拡散しようとか、そんなことも思っていなかった。

ただ、アフィリエイターに会ってみた記事で勉強になったことは、拡散してくれる人が増えれば、見てくれる率も上がる。

この記事なんて検索流入まったくなしで1000PV超えた。

初心者ブロガーが7桁アフィリエイターに会ってみた第2弾

これも繋がってくれた皆様のおかげだと思う。

1000超えたら初心者って言わないようにしようと思ってたのですがあっけなく突破。

なので初心者ブロガーという部分は削除し、10000PV行ったらプロブロガー名乗るね!w

第一弾がウケなかったわけでもないし、そういった意味では興味を持ってくれている人がいるだけで私は記事が書ける。

それまでは、流入まったくなし。

アナリティスク見てたって棒も生えません。

なので、稼いでる人に会って、稼ぎ方を学ぼうと、記事にし始めました。

結果としては振り返りだったり、記事にするときに不明な点が出てきたら学び返せる部分もあり、結果としてアクセスがなくても自分の為にはなった。

むしろお会いしてくれた皆さん優しくて、「何かあったらDM送ってね」とか、記事の校正してくれちゃったりとか、表に出せない話をしてくれたりだとか。

自分が本当に事業を始めるならタメになる話ばっかりでした。

私に合ってるもの、人と会うこと

もちろん苦手な人もいます。

転職する前までは、基本人見知り。

接点を持つことが嫌いなわけではなく、初対面の人を楽しませる自信がなかった。

別に芸人でもないのにw

やっぱりギブアンドテイクな世の中です。

何かを提供しなければ、情報は持って帰れない。

私としては致命傷なのですよ。

記事ネタがないことが、毎日1記事を書くためにも必須なのに、ネタを引っ張ってこれないと書けないんですよ。

だから何をしてても、記事ネタを考えている。

ボツネタなんていっぱいあるし、Twitterで書いたらそれ以上書くことなくなったり。

日々ネタ探し。

そんな私が提供できることってそんなにないのですよ。

お金もないからお食事の支払い全部できるわけでもないし(むしろお会いした方々皆さんにご馳走になってます)

だから、楽しく終わる1日を提供できればと思ってます。

もちろん先方だけでなく、私も

双方が楽しんで、また会いたいな、応援したいなって思ってくれるからこそあってくれているのかなと。

私がいつかお金を回す側になったなら、今まで会ってきた人たちを応援したいし、稼いでほしい。

けど、今は自分が稼がなきゃいけない時なので、そこに注力注いでます。

なので、先行投資だと思って遊んでやってください。

やりたいことやりに行きましょう。

人が必要なら集めます。

私が出来るのはそれぐらい。

参加したい人は、いっぱいいると思うし、賛同してくれて流してくれる人もいるのかななんて。

やってみないと分からないですけれど、やってみたい。それだけ。

多分やってるギブとしてはそれぐらいしかないんだと思う。

テイクはいっぱい貰った

もちろんネットで調べれば出てくる情報も、当たり前のように見てるけれど、使い方分からないことってたまにある。

理解しているつもりで使いこなせてないこととか。

そういった情報は案外生かされてるし、繋がった方々から「当たり前だけど伝えておくね」なんて言われたことは、私が新しく会った人にも生かされてる。

フェッチの仕方、画像のalt属性、SEO対策、タグ、サーチコンソールから調べる検索ワードの表示回数や、クリック数、キーワードプランナーから見る検索ボリューム等。

あげればキリがないけれど、全て会って学んだと言っても過言ではない。

時間の切り売りで収入を得られる仕組みも今は出来ています。

持て余してる時間が勿体ないと思う方は、登録だけでもしてみては?

あなたの30分、買ってみます。+【タイムチケット】



仕事に繋げること

お金ないんだよね

断り文句だったり、何かしようとしている人が一歩を踏み出さないこの言葉。

お金ないなら稼げよ。

あんま言ってないけど、仕事辞めたのに借金しちゃってるんだ。

だから仕事が欲しい。

今まで会った人もこれを知っている人は少ないのかなと思う。

わざわざ言う必要がないと思っていたから。

けど、実際問題は、仕事が欲しいと口にすれば、何ができる?って返事がきた。

そりゃ、稼いでる人と同じことができるなら同じ額稼げるけど、できてないから今の私がある。

ブログみて、ライターとして使えそうなら使ってください。

人付き合いなら、他人より好きでやっているので、対人のお仕事とか。

そうしたら、仕事が舞い込んできそうなの。

まだ委託されたわけでも、何かお金になったわけでもないのだけれど、口に出すって勇気がいるというか。

借金地獄なんで仕事ください!

会ったことない人に言われたら仕事させたいと思わないでしょ?

会って言えるからこそ、私も本気。

クラウドな場所でのライター募集より、人間味あるし、一度会ったことで信用もできる。

これって強みなのかなと。

会うって楽しいよ。自分が切り口作らないといけないけど、それを考えるのも面白いよ!

一応転職も考えているので、登録したのがこちら。

オファー予定年収が出たのですが、今までより一番多い年収でした。

登録は無料、転職するつもりがなくても、思ったときに即行動できる点はいいですね。

MIIDAS(ミーダス)探す転職から探される転職へ!


実際今の生活費どうしてるの?

はい、皆様が疑問に思うことを先に述べます。

今はキャッシング生活。

とりあえずギリギリ今月末まではサラリーマン時代の給与が入るので、なんとか。

そこから先は無収入の予定

貯金もないよ!

ハローワークにも通うし、ガチで無理そうなら転職という手も考えている。

ただ、私にサラリーマン的な働き方が無理でw

仕事が嫌いとかじゃなくて、やってもやらなくても給与が変わらない

この仕組みが嫌すぎて。

なら成果報酬で、自分で好きな時間に好きなことして、好きなように稼ぎたい。

こういったブログを書くまでは、アフィリエイトサイトとブログは同じものだと思っていた。

収益化の部分は一緒なのだけれど、特化して皆がこのサイト信用できる!となっているのがアフィリエイトで、ブログ、ブロガーはこの人が紹介するなら面白いとか、買うべきだとかそういった方向性

なので、私は成果報酬を自分の手で!と思った時点でアフィリエイトサイトに行くべきだったのだが、最近はアクセスもあってブログを書いているのが楽しい

日課になっているかというとそうでもなくて、Twitterで出会いを探してうろうろしてる感じ。

あ、異性目的ではなくて、ビジネス的な。

お金に困ったこともあるし、成金だったこともある。

だからこそ、今借金を少ししても返せる自信があるから、人と会うために最低限の出費は仕方ないことだと思っている。

キャッシング比較サイト

まとめ

もちろん、通常のサラリーマンでもサラリーマン業をしながらできなくはないことだと思ってるし、むしろスタートは副業の立ち位置がいいと思う。

稼げると理解してから飛び込むのが正解。

私みたいに見切り発車だと、生活成り立たなくなるよ。

誰かが言ってたけど、人の言葉鵜呑みにして、仕事辞めて大変な目に会ってる人がいるって。

私も同じ口だから何も言えないけどw

やっぱり、何事も始める時には師匠みたいなのがいるといいかもしれない。

聞ける人がいないと、躓いたあと先に進めなくなってしまう

最近はブロガーさんでも、初心者向けの記事とかステップアップ記事を書いている人がいるので、そちらを是非参考に。

次に必要なのが一緒にやれる人、ライバルでもいい。

身近な人に持ってくると尚良い。

負けたくないっていう意思が、やはりやる気にさせてくれる。

師匠もライバルも、出来ればすぐに会える人がいいかなと思う。

ちょっと遠い存在でも、会って話を聞いてもらえるだけで救われるから。

もし、手が空かなくて、案件が来てる時、もしかしたら回してくれるかもしれない。

期待はしちゃだめだけど、紹介してくれたら御の字だし、仕事貰えたらサラリーマン辞められるかもしれない。

お小遣いが増えるかもしれない。

人は皆期待しちゃうから、重くは受け止めないようにしてるし、必要な人には回してあげたいって思う人もいるから。

何事もあきらめずに楽しく過ごすのが一番。

ネガティブ発言ばかりだと人は寄ってこないぞ!w

お仕事待ってます!

人と会ってきた記事はこちら

 

初心者ブロガーが7桁稼ぐアフィリエイターに会ってみた。

 

初心者ブロガーが7桁アフィリエイターに会ってみた第2弾

 

初心者ブロガーがアフェリエイターに会ってみた第3弾

 

SEO対策からテーマ選び、初心者作業会。

 

Twitterアカウントはこちら→@harrisshawk

コメント