電子タバコのハニースモーク ニコチンタールフリーで使い切りタイプ

使い捨て電子タバコの「ハニースモーク」

私がコンビニで働いていた時も、病院が全面禁煙になった際にも話題になった商品です。

 

使い捨てですが、500パフ吸えるのは魅力的。

灰皿も必要なく、いつでも気軽に吸えるという点と、タバコの匂いがないため、臭くないことがメリット。

 

煙はただの水蒸気のため、副流煙被害もありません。

電子タバコでいうと、吸い口はプルームテックに似ています。

プルームテックの記事はこちら

 

使い捨てではなく、ベイプでリキッドを試してみたい方は下記の記事を参考にしてください。

電子タバコVAPE(ベイプ)初心者には難しい?リキッド選びや種類

 

充電式のハニースモークは爆煙!

 

アマゾンや楽天などで販売されていますので、禁煙を目標にしている方や、仕事中に吸えなくなってしまった方は、一度お試しください。

 

Honey Smoke(ハニースモーク)とは?

ハニースモークとは、使い捨てタイプの電子タバコになります。

ニコチン、タール、副流煙被害なしということで、禁煙目的としても注目されています。

 

色々な電子タバコが出てきましたが、ハニースモークは、電子タバコ入門編としておすすめできます。

 

ハニースモークの値段は税抜き1300円(税込1404円)

ハニースモークの定価は1300円で、税込み1404円となっており、紙タバコから電子タバコなどに移行する初心者の方にオススメで、もし合わなければ使い切って捨てるだけ。

 

吸引回数は500回となっており、通常のタバコで10回程度。
タバコ5箱分吸えると思えば安い出費ではないでしょうか?

 

購入できるお店 今までで発見した場所

デイリーヤマザキで販売されているのを一度確認しました。

オーナーの意向なのかそれとも、病院の仕入なのか?

病院に併設している売店で発見しましたが、たばこ自体の取扱いはありませんでした。
特殊な販売例かもしれません。

 

基本的にはネット販売や、ドン・キホーテ、セブンイレブンでの販売が確認されています。

ただし、取扱店舗は少ないようなので、店舗に確認するかアマゾンなどで購入してしまう方が簡単に手に入ります。

 

ハニースモークのメリット

  • 使い捨て電子タバコのため、充電や補充などの手間がない
  • いつでもどこでも吸える
  • 節煙効果がある
  • 1本使い切りで500回吸える
  • 紙巻きたばこなどと比べたら健康的

 

使い捨てということで、充電や補充の手間がなく、メンテナンスフリー!

簡単に利用できるため、お試しで利用する人が多くいます。

リピーターさんもいるため、節煙や、禁煙目的の利用も効果的です。

 

プルームテックと同じで、灰皿を使用しないため、いつでもどこでも吸うことができます。
(ただし、マナーは守りましょう)

ちょっと吸いたいけど、仕事の一息だったり、作業の合間だとタバコを一本吸うことができませんが、吸うだけで電源が入り、吸わなければ勝手にオフになるため、一回吸って作業に戻るなんてときには、節煙効果があります。

 

タバコ1本10吸いぐらいなので、約5箱分吸える計算になり、実際のタバコを買うよりは健康的に経済的にも余裕が出ます。(吸い方によって個人差があります)

 

それでお値段1300円程とお買い得。禁煙せずとも節煙になるのと、家でも壁紙を汚す心配もなくなり、家族も安心できますね。

 

使い捨て電子タバコとしてのデメリット

  • 電池式で使い捨て
  • 連続吸いは熱を持つ
  • 吸い口の軽さ
  • 煙の少なさ

 

電池式で使い捨てということがデメリット。

ゴミとして出す際に不燃ごみ扱いになります。

その分安価なので、コンビニで販売していた時はリピーターさんが多く、まとめ買いで商品が欠品することもありました。

 

もう1点、連続で吸っていると熱を持つ点。

結構熱を持つため、常にずっと吸うタイプの、チェーンスモーカーにはオススメしづらい。

口コミを見ていたら、連続吸いにより熱量で基盤がショートして吸えなくなった事例もあります。

 

また、1mgのタバコに慣れている方ならいいのですが、吸い口が軽いため、重めのタバコから移行するには、かなり物足りなく感じます。

ミスト(煙の量)が少ないため、物足りなさを感じることも。

通常の使用であれば基本的に問題ありませんので、禁煙サポートとしての利用や、吸えない環境での利用がベストかなと思いました。

 

本気で禁煙しようとするならばタバコタイプのものはオススメできません。

生活習慣として、たばこを咥えるという習慣が抜けないためです。

 

ハニースモークの味、種類について

ニコチンタールフリーのため、味という味はないのですが、フレーバーの種類による香りが楽しめます。

メンソール系は強めについているのか、たばこを吸った気持ちになれる点はオススメ。

現在1mgのメンソールを吸っている方は、ニコチンタールのなさがネックですが、すんなり移行できる可能性もあります。

  • メンソール(木目調)(シルバー)(千鳥格子)
  • ブルーベリーミント
  • アップルミント
  • ピーチミント
  • ストロングミント
  • グァバミント
  • パイナップルミント
  • トロピカルミント
  • ビターコーヒー

 

ピーチミント以下は、最近増えたものですが、種類が増えたということはまだまだ人気のある商品ということでしょう。

メンソール系だけデザインが豊富ですが、味は変わりません。

見た目もオシャレで、禁煙に向け買われる方が多く、女性客の比率が高かったです。もちろん私も吸っていたので、男性にもオススメできます。

香りがある分、女性でもタバコでの口臭が気になる方もいらっしゃると思いますが、そういった点でもごまかせる点はフレーバー系ならではです。

 

ハニースモークまとめ

使い捨てタバコのメリットデメリットとして書いてみましたが、重めのタバコを吸っている方には移行しづらい部分があるのかなと思います。

 

実際問題買ってすぐに吸えますし、トイレでも、事務所でも場所を問わず(人目を気にしなければ)吸えますし、灰皿も必要ありません。

 

吸い終わったらポケットにしまうだけで、持ち運びや利便性を考えると全体的には高パフォーマンスでした。

私は、禁煙をきっかけに購入しましたが、プルームテックを購入し、メインで使用しています。

 

そちらの品評も書いてますので比較してみてはいかがでしょうか?

プルームテックでヤニクラ?匂いや吸い方、使い方をまとめてみました