コンサル

コンサル第10弾 ケイ氏の音楽ブログ 月1更新でどこまで伸ばせるか

ケイ氏

コンサル第10弾

ケイ氏:@keikei11123

サイト:ケイ氏の音楽ブログ

節目の第10弾。おかげさまで10名の方にご依頼いただき感謝いたします。

過去のコンサル事例も良かったらチェックした上で、相談してみたい!と思いましたら是非ご連絡ください。

早速ですが今回のコンサル依頼内容は

目的としては、第三者の客観的な、率直な意見を1度聞いてみたいのが正直なところです。ネタで作った公開ブログですが、アクセスが謎に増えてきたので今後も月1更新は厳守で続けまして、アドセンスをはって、ユーチューブ、amazon、aspあたりでやっていこうと考えています。悩んでいる事は現状とくにありません、、、。

 

 

悩んでいることは現状特になし。

 

えぇ、私に何を求めているのかと思ったぐらい。やはりリンクか

記事は9記事ということで今後どのように育てていくかという点を考えていきたいと思います。

関連でYouTubeをやっていくそうなので、YouTubeとの連携を踏まえて育てて行ける流れを作れればなと思っています。

っていうかガチなアフィリエイターさんやん…。ワイが金欠なのバレて依頼してくれたのだろうか…。ありがとう。

トップページのキーワード設定

現状のタイトルで行くならケイ氏のネームバリューを育てていきたい。

トップページのキーワード設定で拾いたいワードを…と思うのですがネタで作った趣味ブログならそこまでしなくていいのかもしれない。

これからバンドをやる人とか興味持ちそうって思ったのでターゲット選定は必要かもしれません。

あの頃は若かったな…。

 

それと月1更新ということなので、音楽全般から少し特化した方が育てやすいのかなと思いました。

マネタイズは物販とアドセンスがメインになりそう。ボイトレなどはASP案件もあるのでそちらを強化していきたいですね。

そう考えると現状、音楽というよりはバンドややってて楽しい曲とか紹介して貰えたらこれからバンドやりたい高校生とかにはウケそうかなと思いました。

男が歌ったらモテる曲には年代別の口コミが入ってますが、まとめでまとめてほしかった。

で、結局どれなん?歌いやすい歌とかケイ氏特選があるといいなと思いました。

バーバリー君島さんの記事はトレンド記事のような書き方ですが、現状でも上位表示されています。

音楽系YouTuber紹介と紹介しあうやり方や、自身のYouTubeを駆使して集客していきたい。

これから学んでいく人、上手な人を見てうまくなりたいといった人がターゲットになり得るでしょう。

そうなるとギター、ベース、ドラム、ボーカル、キーボードなどのバンドに使われる物販紹介や動画紹介、YouTubeを育てていくのもアリかなと思います。

音楽という広いジャンルで拾おうとすると風呂敷広げすぎても畳めないので、1か所ずつ特化してカテゴリーごとに育てていく方が育ちやすそう。

まだ9記事、方向性としての部分で参考になればと思います。

カテゴリーを一つずつ育てていこう

現状弾いてみた(コピー)と音楽コラムのみとなっています。バンド楽器の各ジャンルでそこに必要な情報を書いて行けるといいのかなと。私もモテたいという理由でギター買いましたが弾けずじまいでしたからねw

簡単な曲からコピーするとか、そういう楽曲を教えてあげるのもアリだと思います。

なのでバンド楽器というカテゴリーか、育ってきたら各楽器ごとのカテゴリーに育てても良さそう。

ちょうど人気ブログランキングが貼ってあるのでアンケート内容がこの内容なのでマッチングするのかなと思いました。

カテゴリーを支えるキーワードを意識して記事を入れていけば全体評価があがりそう。コラムやトレンドも含めて流入を増やして、マネタイズできる記事に流していきたい。

一番マネタイズできそうなのがボーカルカテゴリーのボイトレになるのかなと。

物販も物によっては高い物もあるので、各種楽器の細々した物、必要なものを紹介していくのも良いでしょう。

私も個人で商標ワードの細々したアクセサリーやお役立ち商品を紹介して物販で小銭稼いでいます。

上がり切れば毎日物販程度は発生するのでオススメです。

個別記事のキーワード選定

音楽ブログでキーワード関連ツールを見てみるとサジェストには

  • 面白い
  • 稼ぐ
  • アドセンス
  • 書き方
  • アフィリエイト
  • 始め方
  • マネタイズ

趣味の範疇とは別路線ですがケイ氏がアフィをやっているならここを狙った1サイトを作ってみてリンクを流すのもありかなと。

ギターやベース、ボーカル、キーボードなどはサジェストが多いのでバンドに関わるところを狙って行くとターゲットを絞りやすいかなと思います。

サイト自体でどういう方向性を持つのかまだ曖昧だとは思うのですが何かしら特化していく方が良いでしょう。

マネタイズ領域で上位表示できるかは分かりませんが、できそうなものから広げてみてもいいのかなと。

SEOだけでなくYouTubeもということなので私ならという意味合いで…。

You tubeとの相乗効果

記事にもなっていますが、下半身パンツ1枚&低画質でギルティギアのHoly Orderを弾いてみた私にはまったく分かりませんが、30歳になったみたいです。

30超えたら体にガタが来ますよね。分かります。ちょっと頭もおかしくなっちゃったのかな?w

弾いてみたや、やってみたなどニコニコ動画で一時期流行っていましたが今はどうでしょうか?YouTubeと相性がよければ初心者向け講座ではないけどやってみても面白そうです。

ギターやベースを買って悩むのは、メンバー集めとちゃんと弾けるまでの苦労かなと。

練習用楽曲紹介とか、メンバー募集掲示板じゃないけど今流行りのオープンチャットやライン@に誘導でもありかなと。

別でやってるサイトですがライン@で80名ほどの登録があります。基本は発信だけですが、個別で飛んでくることもあるのでユーザーの声を形に変えられると良いでしょう。

それで聞かれたオススメ商品をリンク送ってあげるとかするとCV率は高まりそう。

もちろんYouTubeチャンネルでもうまくページに誘導できれば相乗効果も期待できます。

マネタイズ記事として

楽器の買取屋さんの評判・口コミこの記事が上位表示できれば買取案件に流せそうな気もします。単価がいくらか分かりませんが、獲れそうならこの記事を育てていきたい。

口コミ入ってないから書こう?

実際の買取現場を写真に撮って金額提示しているのはいいなぁと思いました。あとはキーワード選定して下層ページをあげてこの記事を上位に持っていけたらいいなと。

他の買取サイトの比較や、高額買取、メルカリの利用方法、ヤフオクの利用方法を別で記事書いてもいいのかなと。

結果として楽器屋さんで売った方が楽という部分を訴求して内部リンクが良さげです。

1記事1記事リライトは必要な部分はありますが、手を動かしてなんぼかなと思います。

といっても月1更新なのも、別でアフィサイトをお持ちの方でリソース割くよりはって感じだと思うので、マネタイズ記事を充実させてそれ以外のコンテンツをあとから入れていけば底上げできそうかなと思いました。

まとめ

趣味サイトとは言え、個人的には手を抜きすぎと思いました(辛口)

ただ、アクセスが増えてきたということで要因がどこかにあると思います。まずはそこから伸ばしていくのが良さそう。

アフィの片手間だとは思いますが、最終的に考え付いたのは中高生がバンドを始めるための指針としてのサイトかなぁと。マネタイズは難しいかもですが。

あとはボイトレがASP案件あるのでそちらの訴求でしょうか。グッズもありますし、教室に通ってみたでもYouTubeで配信すると相乗効果が生まれそうです。

現状9記事ということで、今ある修正は個別記事をしっかり書こう!というのとニッチでいいので特化して少しずつ広げていく方がアルゴリズムに引っかかった時も対処しやすいのかなと思いました。

その他、内容について気になる点がありましたらご連絡ください!

コンサルの内容や依頼についてはこちらからどうぞ

コンサル
Webコンサル サイトの見直しには客観的視点を入れてみようハリスのWebコンサル!略してハリコン。 タイトルから偉そうなことを言っていますが、自分のサイトを自分で見ても改善点が分からない場...