面白い投資先 南アフリカランド スワップ金利とキャピタルゲイン

こんばんはハリスです。

投資先として人気のある南アフリカランド。

1lotが3500円程で購入でき、スワップ金利も高めの設定。

 

1000ロット持っていれば(約3百万円で25倍のレバレッジMAX)金利だけで年間600万円という利益を得られる通貨。

 

もちろん差益差損の部分を含めて考えると300万だけ持っていてもすぐにロスカットされてしまうでしょうけど、予算に応じた投資をすれば、長い目で見ると回収できると思いました。

 

競馬と違い一人でも多く個人が投資しても問題ないと思ったため公表しています。

 

競馬の場合は投資金により配当が変わってしまいますが、為替などは一個人の参加で変わることがあまりない。

 

億とか兆とかの単位で動いているため数千万でもあまり変わらないことが情報を出せる理由です。

 

スポンサーリンク

ランド円という基本的な情報

まずランド円通貨の基本情報として。

  • 暴落がたまにある
  • 基本的にはレンジ相場
  • 上がる理由は円安、ランド好材料
  • 金利の高さと通貨の安さ

分かりやすく説明しているため過剰な表現になっています。ご了承ください。

暴落の理由

暴落についてですが、金利が基本的に高いため、闇金からお金を借りているような国というイメージです。

金利を高くしないとお金を借りられない信用の足りない国。

そのため不安材料があると一気に売られる傾向があります。

そしてリスクが高くなる時に一番売られやすい通貨でもあるため暴落には要注意。

(リスクが高くなると円が買われるため、相対的に暴落します)

 

レンジ相場になる理屈

基本的にレンジ相場になってしまう理由は、安くなると金利の高さから参入者が増え、不安材料が出てくると売られる繰り返しになるためです。

長い目で見ると、相場が安くなると金利を上げる傾向があり、そこから買いが入る。

高くなったら売りたくなるためそこで売りが入りを繰り返しているイメージです。

 

基本的相場はあがる予定

上がる理由を考えてみると、昔は10円超えていたのが当たり前で、色々あって今の値段に落ち着いています。

落ち着いているとはなかなか言えないのですが、現状8.4円程度。

暴落時は6円台や7円もありました。

この時に購入していたら今じゃウハウハですね。

直近で一番安かったのが去年12月。

そこで購入出来て今まで持っていられれば、2円程の差益プラス今までのスワップ金利。

約2か月で仮に1000lot持っていたら1日2万円の金利、2か月で120万の利益と2円の差益1000万。

そういった意味でも夢と希望が詰まった通貨です。

 

金利の高さと1lotの安さ

ランド円の1lotは3000円程。

ドルの場合は5万程。

分かると思いますが、持てる通貨数の違いがあります。

 

もちろんレバレッジ最大にして、所持金全部突っ込んでしまったらマイナス時のロスカットはすぐに訪れるでしょう。

その分差益に関してはプラスになれば思わぬ利益になります。

もちろん売りから入ることもできるため、差益に関してはどこでも狙える強みです。

下記DMMから口座登録はすぐにできるため、興味がある人は是非登録を。

暴落時に作ろうと思っても、口座開設に少し時間がかかります。

チャンスロスすると後悔するので、今のうち登録だけしておくといいですよ!

もちろん無料です!DMM FX


ランド円の今後の動向

2018年2月6日現在、9.1~9.2円程度を推移しているランド円。

2月2日の米雇用統計時もそこまで動きがなく、ドルは110円へ回復。

長期金利も上がり、株が売られる流れになりました。

 

ただ、ランド円はそこまで動きがなく近々だと2月が大きく動くタイミングとなりそうです。

ここまで来るのにラマポーザ副大統領の期待値が高く、買いが続いていましたが、ズマ大統領の居座りがいつまで続くのかがネックとなり売られるといった流れ。

 

大統領選は終わり、次が決まっているのですが、ズマ大統領の任期は2019年まで。

早期退陣の訴えがどうなるかが注目です。

22日に不信任投票があり、その結果次第でランド円の動きが変わるでしょう。

今までどんなことがあってもしぶとく席を残してきたズマ大統領。

任期まで持たず不信任案可決であれば、ランド円は上昇する見込みです。

5月末現在8.8円程を動いています。年始から下がりっぱなし…。

ここからあがることを期待するもよし、タイミング見て下がるところまで下がってからでもいいでしょう。

2019年8月1日現在 ランド円は8.4円 3月ごろの暴落から一時7円台に入りましたが、回復傾向です。

8月31日現在、7.5円前後。前回はトルコリラの暴落に引っ張られて落ちましたが、今回も他の通貨で暴落があったようです。

またつられて落ちる可能性もありますが、落ち切ってから買うようにしましょう。

 

格付け問題

もう一つの問題が、格付け問題。

徐々に下がっているという部分と、現状が及第点ということ。

もう一つランクが落ちると投資家が投資先として認めないレベルになってしまうという点。

個人レベルでなく、投資会社がここから手を引いてしまうとかなりの金額がランドから引かれていくことになります。

そうなるともちろん相場は落ちるため、暴落から逃れることはできないでしょう。

 

なぜランクが落ちるのか

簡単に言えば収入と支出のバランスと、今後の政策等が客観的に受け入れられないから。

もちろんお金が集まってきて、設備投資を行うのはいいことなのですが、赤字経営を続けるのは良くないと思っている中での教育無償化などを提案する大統領。

今じゃない感が強いため、そこでランドの価値が下がったり、評価が落ちたりしている現状です。

そのため、ズマ大統領の退陣により、経済政策が変われば、評価もプラスになり、為替相場も上がっていくのではと予想しております。

 

まとめ

情報が少ないランド円ですが、調べればもちろん少なからず情報があります。

その中で自分が思ったことを数字で表し、他と相対的に比べ売買をするのがベターかなと思います。

私が言っていることも当たるかはこの先に進んでみないことには分かりませんし、逆の現象が起こったり、他の現象が原因だったりするのかもしれません。

ただ、言えることは

  • 昔は10円普通に超えていた通貨だったこと。
  • 人口が多く今後の成長が見込めること。
  • 資源大国であること。
  • 輸出先メインは中国であること。

上記の情報をもとに、南アフリカランドの情報を取得できればそこまで難しくないと思われます。

ただ、情報が少ないのは事実なため、誤報などで相場が下がることもあり、余裕を持った取引が大事だと痛感します。

無理のない金額、レバレッジで是非今年もプラス収支を。

 

現在私はDMM FXで実際に取引しています。

基本的な通貨はどれもスプレッドが狭く、取引しやすいことが利点です。

取引量に応じたポイントも貰えますし、新規で口座を作るとキャッシュバックもあります。

是非この機会に!

口座開設



投資の別記事はこちら

DMMからカタログギフトが届いた。投資するならオススメです。

投資とギャンブルの違いについて 回収率や期待値などをどう考えるか

 

コメント