ライターの心得 SEOライティングと読解できる文章とコレ!

ライターを目指すあなたにSEOとはなんぞや?という部分と、なぜ文章力が必要なのかをここでお話ししたいと思います。

 

SEOだけでもダメ、読まれる文章ってどんなの?

 

そしてライターにとって、一番重要な納期を守るということ。

 

これさえできれば、単価アップも間違いなし。

ここから先は、ライターになるための知識と、依頼主に喜ばれるライターの特徴、そして文章の基本をお伝えします。

会社員時代から副業としてライターを始め、今ではweb制作に打ち込んでいる私が学んだライティングをお伝えできればと思います。

 

スポンサーリンク

ライターになるには?未経験でも大丈夫

女性

ライターになるための資格は存在しません。

そのため、ライターと名乗ったら今日からあなたはライターです。

あなたが主婦でも、会社員でも、ニートでも。ライターを名乗った時点でライターになれてしまいます。

出版社や編集プロダクション、Web関連企業に就職すると、自社のオウンドメディアなどで記事を書くこともあるでしょう。

働きながらスキルアップしたい人にはそういった会社に就職することが一番の近道です。

ですが、副業としてランサーズやクラウドワークスで記事作成をしようと思うと、自分のスキルの無さが原因で、単価の高い仕事に取っ付きにくくなってしまいます。

 

初めてなので1記事3万円の記事を選ぶことが出来ない。

 

稼ぐことは慈善事業ではありません。あなたの文章を相手に役立ててしっかりと報酬をもらいましょう。

 

そのままスキルが上がらなければ、永遠と文字単価はあがりません。

ここでは、Webで必要なSEOの知識と、文章の構成についてお話していきます。

 

SEOって何?好きに文章を書いちゃダメなの?

女性

SEOって簡単に言うと、GoogleやYahoo!の検索エンジンのことです。

あなたが何か調べたいときに使う、スマホやパソコンで利用するWeb検索になります。

もし、あなたが好き勝手に書いた記事があるとしましょう。

検索エンジンはあなたの記事をどのキーワードで載せようか迷いますよね?

 

例えば、「今日ご飯を食べに行った。美味しかったです。」って記事があったとして、ご飯の場所も種類も、何が美味しかったかも分かりません。

これが仮に「今日は〇〇にいって、〇〇という食事を食べてきました。〇〇が〇〇で美味しかったです」

と変わることによって、ここのお店のこの商品が良かったという記事になります。

そうなると検索エンジンとしては、同じような種類の記事と比較し、検索順位をつけることになり、お店の名前だったり、〇〇というワードで検索された際に表示されるイメージです。

 

例題は短い文章ですし、記事として能力を発揮しないため検索順位がつくことはないでしょう。

ただ、そのテーマに対して詳しく書くことで、検索エンジンで上位に表示されやすくなります。

 

なぜ上位表示しなきゃいけないのか?

 

あなたが調べ物をする際に、5ページ目まで見ることはありますか?見たとしても2ページぐらいまでで結果は出ているのではないでしょうか?

ということは、1ページ目に入らない限り、人の目に触れることはほぼありません。

そういった意味でも、Webライターでお金を稼ぐためには、今ある検索上で上位に入っている記事を抜くための記事を書く必要があります。

 

あなたが狙うテーマ、キーワードを検索し、それに勝る記事を制作できるようにしましょう。

 

SEOといっても機械、しっかりとした文章を書かないとダメ

日本語って日常で使っているのに、いざ書いてみると難しい。

私も最初はそれがネックで、筆が(キーボードが)進まない日も多々ありました。

先ほどお伝えしたSEOでも、しっかりとした文章を書かないと評価されません。

なぜかというと、相手は機械だからです。人が見る分にはちょっと文章がおかしくても解釈できる場合がありますが、機械は0か1かを判断します。

良く見かけるパターンですが、主語がない場合、何を説明しているか分からない時ってありませんか?

 

例として「部長、午後の会議、出るようにと言われました。」

 

部長が会議に出るのか、私が会議に出るのか、誰に言われたのか分からないですよね?

 

検索エンジンもあなたの記事を見た時に、文章の形を把握します。そして検索順位をつけるため、正確性に乏しい記事は検索上位にあがってこない可能性があります。

 

これって文章として伝わりづらく、読み手に対して考える時間を与えてしまいます。

基本的にWebの記事は流し読みされる傾向があり、興味があるところしか見てくれません。

このような文章の使い方が続くと、誰が何を言っていてどうなっているのかが分からず、読者は離脱してしまいます。

あなたがそのあとに渾身の記事を書いていたとしても読んでもらえない可能性が増えてしまいます。

 

SEOの基本として、機械相手ですが、読んでくれるのは人。人がすらすら読める文章を書くことがSEOで上位を取るための一つの要素になります。

 

文章うまく書けないんだけどコツは?

文章のコツとして、1文を短くし、主語述語を近づけることが分かりやすい文章の一つです。

セールスライティングや、コピーライティングなどがスキルの応用としてありますが、基本としては伝わる文章を書くことに注目しましょう。

先ほど例であげた部長の話ですが、誰が何をどうしたか?に置き換えたなら伝わりますよね?

 

社長は、部長が会議に出るように、と私に言いました。

社長は私に、部長が会議に出るようにと伝えられました。

 

文章の形はさまざまですが、これで伝えたいことは伝わりましたか?

 

言いたいことは何なのか?を主語述語を近づけて書く。ということをお伝えしたかったのですが、基本は1文を短くし、繋げるイメージで問題ありません。

 

社長は言った。 私に言った。 部長が会議に出るように。

誰が何をしたか1個ずつ繋いでいくイメージですが分かりますでしょうか?

この主語を省かずに接続詞や、装飾後をつけ文章にしていきます。

 

言葉で説明するのがなかなか難しいのですが、少しだけでも伝わっていればいいなぁと思います。

私が文章を学んだ時に読んだ本はこちら、もっと詳しく、読みやすく書いてあるので参考にしてください。

 

クライアント(依頼主)の意向も忘れずに

文章の話から離れますが、自分で知識をつけたところで、依頼主の意向を忘れてはいけません。

記事の執筆は載せる場所ありきで成り立っています。

もし、あなたがブログなどを書いているのであれば、この話は関係ないのですが、SEOって日々変わり、正解がないというのが実情です。

キーワードを文章の何パーセントと指定してくる依頼主もいれば、好き勝手書いていいといってくれるところもあるでしょう。

クライアントの依頼内容にあった記事をあげられるようにしましょう。

もちろん納期は遅れちゃダメ。次の仕事に繋がらなくなりますし、信用問題にかかわります。

 

ライターの仕事を受注した際は、納期を必ず守るようにしましょう。

そして、テーマ、ターゲットを理解し、キーワードを盛り込んだ記事の制作を心がければ、ある程度相違がない記事を作成することが出来ます。

分からないことは素直に確認し、記事を執筆していきましょう!

 

まとめ

文章って難しいですよね。私もこの記事を書いていて、伝えたいことが、なかなか伝えられないもどかしさを感じています。

初めてライターの仕事を受注したときを思い返すと、ドキドキワクワクしていたのを思い出します。

「仕事以外で自分のスキルでお金を稼ぐことができる」と感じたから。

その時は文章の勉強すらしていなかったので、赤ペンたくさん入っていましたし、単価なんてすごい安かったです。

それでも、今はこうしてブログに記事がかけるぐらいには成長しているので、試しにやってみるのもありでしょう。

ただ、「お金をもらって行う仕事」ということを忘れずに。

私の文章でも伝わらない部分はあると思うので、是非一冊書籍でしっかり勉強してみましょう。

 

はっきりいって、私も最初からできていたわけではないので、心配せず取り組んでください。

 

自分で書いていて余計、文章について分からなくなったハリスでした。

Twitterはこちら→@harrisshawk

 

記事を書く際に、ターゲットとペルソナについて検索意図を知る